【Outlook】再起動してください。【気にしないで】

IT

ある日、Outlookクライアントを使っていると、急に「再起動してください。」という表示が出てきました。

今までこのようなことはなかったので焦る気持ち、わかります。分かりますが。

今日はそのようなお話。

お問い合わせ内容

利用者
利用者

Outlookを使っていると急に「再起動して」とポップアップが出てきたんだけど、これなに?

我

なるほど、それはですね・・

(あ、ポップアップでちゃったか、気にしないでほしいなぁ)

問い合わせの詳細

ある日、Outlookを利用中に急に以下のメッセージが表示されたという内容です。

【表示内容】
Microsoft Exchange 管理者によって更新が行われました。Outlook を終了させてから再起動してください。

結論からいうと事実を述べているだけなのですが、「何の変更がおこなわれたの?」という疑問から問い合わせが来ることは目に見えますね。

秘密度ラベルの設定を行ったことが原因

Outlookでポップアップが出るようになった原因は、システム管理者側で「秘密度ラベル」の設定を変更したことが原因でした。

秘密度ラベルの詳細 - Microsoft 365 Compliance
Microsoft 情報保護 (MIP) の秘密度ラベルを使用して、機密性の高いコンテンツを分類して保護します。

設定項目によっては、利用者が使っているOutlookで再起動が求められることがあるようです。
システム管理者側もOutlook側に「ポップアップが出る」という影響があることを把握していませんでした。

利用者は何が変更されたか知るすべなし

まず、
Exchange管理者
って何?

ポップアップの内容からわかることは、システム側で何か変更をしたことだけです。
具体的に何が変更されたか知るすべはありません。

そのため、システム管理者側は、余計な問い合わせが来ても焦らないように、システムに変更をする際は包み隠さず変更した内容をPRするなどの工夫が必要となるでしょう。

逆に利用者側は、それほど気にする必要はないと思います。スマホアプリなどでバージョンアップが入ったらアプリ再起動を求められると思いますが、それと同じくらいの感覚で良いですね。

管理者、利用者ともに歩み寄りが大事だと思います。

管理者はシステム変更は隠さずPRせよ!

利用者はささいなシステム変更は気にするな!

まとめ

1.システム管理者側での変更内容によっては、利用者側のOutlookで「再起動してください」とポップアップが出ることがあります。

2.システム管理者は隠さずPRを、利用者は気にせず再起動を、と歩みよりましょう。

些細なことで問い合わせという無駄な時間が減ることを望みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました