【覚えて損なし】AWS LightsailでWordPressサイト作成

IT

AWSの知識を深めるためサービスを触ってみようシリーズです。
今回は、AWS Lightsailを触ってみました。

EC2よりもシンプルにWebサーバを立ち上げられるサービスです。

AWS Lightsailとは

たった数クリックでWebサーバを立ち上げよう! をキャッチフレーズとするサービスです。

Amazon Lightsail(月額3.5ドル〜の仮想プライベートサーバー:VPS)| AWS
Amazon Lightsail は、使いやすい仮想プライベートサーバー (VPS) です。アプリケーションやウェブサイトを構築するために必要なすべてのものに加えて、費用対効果の高い月額プランを提供します。

AWS公式ページに掲載されている、漫画で説明しているものがあるのでこれを読むとイメージがつかめると思います。

実際にLightsailでWordPressのWebサイトを立ててみた

概要は掴んだとしても、やっぱり自分で手を動かしてみた方がよいですね。

心のハードル(費用発生)を超える勇気を持とう

私的に一番のハードルは、費用がかかってしまうのではないかとケチる気持ちです。このLightsailは、最小構成だと1か月回は無料です。

しかし、「本当に無料かな」とか思う心が働きます。
実際にAWSは慣れるまで費用発生の仕組みが分かりにくく、以前無料だったのに費用が発生したことがありました。

過去の経験談(無料なのに費用発生した)

東京リージョンに1か月サービスを使って、止めたはずなのに費用発生。

ストレージの1つがオハイオリージョンに立ってました…。
そして無料期間の1か月経過して、オハイオリージョンで費用が発生しました。

もし費用が発生したら勉強代だと割り切る

自分が気づかないところで費用が発生したということは、勉強が足りなかったと割り切りましょう。

よほどひどい設定(設定ミス)をしない限り、法外な請求は基本ありませんので。

とりあえずサービスを使ってみよう

Lightsailでは、作りたいサーバのテンプレートを選んでクリックするだけです。

テンプレートを選んで、、
はい、できました。

以上です。サーバができました。

Webサーバにアクセスすると初期設定で動いている

表示されているパブリックIPアドレスをWebブラウザに入力すると、WordPressで作ったサイトが初期設定で動いていました。

もうできた。

もう世界へWebサイトが公開されました。凄いですね。

おまけ:WordPressのカスタマイズは?

Lightsailの紹介は上記で一旦完了ですが、せっかくなので立ち上げたWordPressをカスタマイズしてみましょう。

※実はここがちょっとコツがいるところでした。

WordPressのルートアカウントが何か、パスワードは、など分かりませんよね?
これらは、Lightsailのドキュメントを調べてその手順に従って行います。

ドキュメントは大事
チュートリアル: でWordPressインスタンスを起動して設定する Amazon Lightsail | Lightsail ドキュメント

そんなに難しくないのでさくさくっと進められると思います。

おまけ:且つ目せよ! 10分で作ったWordPressサイト

WordPressは触ったことがあるのでかかっとテンプレート適用して記事を投稿。

謎のコーヒー好きサイトの出来上がり

まとめ

1.AWS Lightsailは簡単にWebサーバを立てられるサービスです

2.概要を知るにはとりあえずサービスを使ってみよう

3.1か月は無料だけど、費用請求は要チェック

 ※数日間、Lightsailのサーバはそのままにしてから消そうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました