報酬付き英語学習アプリ(ENGDOM)は少し難しいところが良い

英語

英語学習アプリで報酬付きのアプリはあまり無いイメージです。

学習するとポイントが貯まり Amazonギフト券に交換できる英単語学習のアプリ(ENGDOM)をしばらく使ってみましたので感想などを紹介します。

ENGDOMとは

TOEICレベルの単語学習、文法学習(短文)ができるアプリです。

英語学習の習慣化で、賞金獲得が目指せるゲーム感覚の英語アプリ【ENGDOM】 - Google Play のアプリ
ENGDOMは英語の勉強ついでに「稼げる」学習アプリ! TOEIC頻出の英単語を毎日覚えて、賞金を獲得しよう!

学習の仕組み

日曜以外の毎日1回、英単語学習文法学習ができます。
あと、週に1回(日曜日)にウィークエンドバトル(英単語、文法)があります。

英単語学習

TOEICレベルの単語が1日、10問出題されます。

・タイムリミット有 ※短く緊張感あり
・4択

文法学習

TOEICレベルの穴埋め問題が、1日5問出題されます。

こちらも、
・タイムリミット有 ※時間は長め
・4択

ウィークエンドバトル

月~土に出題された英単語、文法の復習する目的で問題が出題されます。

英単語:30問
文法:15問

全部正解することが
第一のハードル

「バトル」と名がついているのは、これら問題に全問正解した人の中から抽選で報酬が得られるためです。全問正解を乗り越え、運でも勝利した人が追加報酬を得られる仕組みですね。

報酬(1EG = 0.1円 分のAmazonギフト券)

日々の学習を終えると、EGというポイントが貯まります。

英語勉強のついでに
ポイント得られれば
良いんじゃないかな。

ウィークエンドバトルを全問正解して、抽選に当たった場合は大量のEGがゲットできます。

ちなみに私は1回抽選に当たり、1000EG(100円相当)をもらえました。

これは嬉しい。

私が考えるメリット・デメリット

しばらく利用して感じたメリット・デメリットもまとめておきます。

メリット

①短時間で学習できるので継続できる
 アプリは重くなく、1日数分で終わるので無理なく継続できます。

②文法はなかなか難しい
 私くらいのレベルだと英単語はほぼ正解できますが、文法は結構間違います。
 つまりまだ成長の余地がある学習方法ですね。

③報酬がある
 やはり、一番のメリットは報酬がある点でしょうね。

デメリット

①レベルが一定
 英単語は覚えているものはもう良いと感じます。
 自分が間違えた英単語の出題頻度を上げてくれるとかあればよいと思います。

②広告を見てしまう
 1日の学習後に広告を見ると、ポイントが追加でもらえます。
 それ故に見たくない広告を見てしまいます・・ポイント欲しい心を突いてきます。

実際にポイントを交換してみた

ポイント交換が上手くいかないとか、アプリ評価に書き込まれていたのでちゃんともらえるか試してみました。

ポイントを申請したら、アマギフが送られてきました。(約1週間かかります)

評価をみると2回目以降は、アマギフが送られてこないとか書いている人がいましたので、それは要確認ですね。

まとめ

1.英語学習でポイントがもらえるENGDOMは、モチベーション高く勉強できて良いです。

2.難度はTOEICレベルのため、目的に合う人にはお勧めできると思います。

3.アプリの改悪がない限り続けたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました