アプリ(Catch it)ゲーム感覚の英単語学習

英語

比較的継続できるお勧めの英単語学習のアプリ(Catch it)を紹介します。
最近は英語学習のアプリも増えていて、どれを選ぶか迷うと思います。

Catch itとは

キクタンシリーズ、ヒアリングマラソンなどでお馴染みのアルクが提供している英語学習アプリです。
私は英単語の学習に適していると考えています。

英単語、英会話、発音まで!一度に総合学習できる英語ゲームアプリ - Catch It English - Google Play のアプリ
#アルク「キクタンシリーズ」収録 #ネイティブの発音をシャードイング #実際に英語を口から出す #AI音声認識を利用して発音チェック#150万人以上が猛勉強中

学習の仕組み

教材(レベル別、シチュエーション別など)を選んで、英単語を覚えていきます。基本的に1つの単語につき以下4つがセットになっています。

①日本語の意味3択クイズ
②スペル入力
③例文(穴埋め)
④例文(発音)

意外と、スペル入力を求めるアプリは少ないので良いと思います。
そして発音して覚えるところがおすすめポイントです。

メリット

無料である(1日5分)

1日5分だけは無料でできます。
このレベルの作りこんだアプリが無料で使えるのは良いですね。

無理なく続く(1日5分)

無料では1日5分しか使えないことを逆手に取る発想。
5分なら毎日でも無理なく続けられます。

Lvアップや他学習者とやりとりでモチベーション保持

学習を続けていることでレベルアップします。
ちなみに、レベルアップしても学習的に何か良いことがあるわけでもないですが、なぜかモチベーションが上がります。

また、同じ教材を学習している他の学習者と英単語クイズのキャッチボールができます。1人で学習するのに比べてモチベーションが上がることは間違いないですね。

デメリット

起動がちょっと遅い

作りこまれているアプリのためか、起動がちょっと遅いんですよね。
私はその時間がちょっともったいないと感じているので、昼休みに使っています。

お弁当をお弁当箱から出すまでの時間が約15秒、そのくらいでアプリが起動するので、昼飯の準備に合わせるようにしています。

お弁当準備とアプリ起動、ルーティーン化するので良いかもしれません・・

発音するので周りを気にする

これが一番気になるところです。

通勤電車など人目に付く場所では学習(発音)がしにくいです。
一人の時間を作る工夫がいりますね。

人前でも堂々とぶつぶつ発音できる強者なら良いのですが・・。

私の使い方

昼休みに7分ほど、このアプリを使って英単語学習をしています。

TOEIC650点以上のレベルの単語など、覚えているようで覚えていない英単語を覚えるために活用しています。

とりあえず自分のレベルにあった教材は一通りやってみたいと思います。※無料枠で

コメント

タイトルとURLをコピーしました