【Microsoft Teams】Skype終了の余韻、在席状況が表示されない

IT

9月上旬にSkype for Businessを停止し、チャットアプリはTeams一本にしました。(過去記事

問い合わせはほとんどないのですが、一部ユーザからは「在席状況が表示されなくなった」という問い合わせを受けるようになりました。Skype終了の余波なのですが、今日はその件です。

SkypeとTeams共存からTeamsOnlyモードへ変更

今までSkypeとTeamsを共存して使っていたところを、Teamsのみ使うようにしました。
以下のページにあるようにTeamsOnlyモードに変更しています。

移行と相互運用性 - Skype for Business - Microsoft Teams
組織の移行を管理するための基本的な概念を理解Teams移行Skype for Business。

TeamsOnlyモードにすれば、ユーザは特に意識することなく、Outlookに表示される在席状況の確認もTeamsと連携するようになるのです。

Outlookでの在席状況がTeamsと連携する仕組み

TeamsOnlyモードにしたユーザは、Teams設定の「TeamsをOffice用のチャットアプリとして登録する(Officeアプリケーションの再起動が必要)」に自動的にチェックが付く仕組みのようです。

連携する仕組み(Teams設定のチェック)は解除できない

Teams設定の「TeamsをOffice用のチャットアプリとして登録する(Officeアプリケーションの再起動が必要)」を意図的に外しても、Teamsを起動時に自動的にチェックが付きます。

その際には、「すべての設定が完了しました。Teamsをお楽しみください!」というポップアップが出ます。徹底していますね。

在席状況は自動的にTeamsと連携するはずなのに問い合わせあり

上記の仕組みの通り、在席状況は自動的にTeamsと連携するはずなのに、連携しないという問い合わせがありました。

お問い合わせ内容

利用者
利用者

Outlookで宛先に入れたユーザの在席状況が表示されなくなったんだ。
□すら表示されなくなったんだよ。私は完璧主義だからね気づいたんだよね。
□だけに死角なしって冗談言ってるんじゃないよ。

我

詳しく聞かせてください。

(まさか Skypeを止めたせいでは・・)

問い合わせの詳細

Outlookで宛先に指定した人の在席状況(□)がなくなったとのことです。

このタイミングでの問い合わせ、Skypeの停止と関連していないはずがありません。

Teamsの設定が自動で反映されていないことが原因

Teamsの設定に「TeamsをOffice用のチャットアプリとして登録する(Officeアプリケーションの再起動が必要)」にチェックが付いていないことが原因でした。

チェックを付けたら解消しました。

この設定は、Teams Onlyモードにしたら勝手にチェックが付くことは確認しています。
しかしなぜか勝手にチェックが付かないユーザ(パソコン側が原因かも)がいるようです。

原因の詳細調査は様子見

発生頻度は非常に低いため、問い合わせがあったらTeams設定を修正してもらうことで対応することとしています。つまり様子見です。

まとめ

1.SkypeとTeams混在状態からSkypeを廃止した後、Outlookで在席状況が確認できなくなるという現象が起こるユーザ(パソコン)ことがあります。

2.Teams設定が自動反映される仕組みが上手く動いていないことが原因のようです。うまく動かない原因は不明。

3.発生頻度は低いため様子見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました