【海外の証券口座】サクソバンク証券というものを知っているかい

ファイナンス

投資を本格的に考え出して約1年。

日本の証券会社では、海外の株式やオプション取引ができないことが多くヤキモキすることがあると感じます。海外の証券口座を開設する必要があると思います。投資系Youtuberの高橋ダンさんも海外証券口座は作らないとダメと言っていましたね。

探していたところ、サクソバンク証券というものが見つかりましたので早速申し込んで利用開始しました。利用開始1か月も経っていませんが、紹介いたします。

サクソバンク証券とは

日本でも、日本語でも開設することができる海外証券会社です。
※パスポートも不要です。

以下の記事を読ませてもらい、口座開設を決意しました。

サクソバンク証券のおすすめ理由5つ【オプション取引、外国株など】
サクソバンク証券をおすすめするポイントとしてグローバル展開、サービスと取扱銘柄の多さ、外国株式オプション、外国株/ETF、DRIPの5点に絞って紹介します。 証券総合口座の開設を検討している人この記事の目的サクソバンク証券のおすすめポイン

私が考える外国の証券口座を開設するメリット

端的に言うと、取引の幅が大きく広がります。以下のような感じです。

  1. 取り扱っている海外株式が豊富
  2. 外国株式の売りができる
  3. 外国株式のオプション取引ができる
  4. マイナーなFXの通貨ペアが取引できる

高橋ダンさんのYoutubeチャネルで紹介されているETF「QQQ」やFX通貨ペア「米ドル/ロシアルーブル」ような銘柄を取引きするには、日本の証券口座では無理です。海外口座のメリットと言えますね。

【参考画面1】

売りもできるのは
大きい

【参考画面2】

ロシアルーブルが
取引できるぞ

私が考える海外証券口座のデメリット

今感じているデメリットを端的にまとめると2つです。

その1:口座開設ができる証券会社の数が少ない

 もう少し正確に言うとパスポートがなくても口座開設できる会社は少ないです。
海外行く予定がないので作っていませんが、今後を考えてパスポートを作るべきか。

パスポート前提なら、ファーストレード証券というのもよさそうですが・・

その2:特定口座など確定申告のサポートがない

 確定申告の際に苦労しそうです。
私は今年確定申告に結構時間をとって学習したので、確定申告と戦う心構えはできました。

確定申告の壁を乗り越えるパワーがないと、海外口座の壁は厚いと思います。

紹介:サクソバンク証券で実際にトレードしてみた

「サクソバンク証券に口座を開いた」だけでは、ここで紹介した内容に説得力がありませんね。
実際にトレードした内容を貼っておきます。

日本では買えなかった航空株のETF「JETS」を5万円くらい買ってみました!

コロナが収束に向かい、航空業が上がれば利益が出ると思っています。

まとめ

1.日本で開設できる海外の証券口座の一つとして、「サクソバンク証券」を開設しました。

2.日本の証券会社で取引できない内容ができるため、取引の幅が広がりました。

3.パスポートを持っていれば開設できる海外証券口座は他にもあります。

 旅行にはいく予定ないですが、パスポートを作るべきか…

コメント

タイトルとURLをコピーしました