【Microsoft Teams】全画面表示が急にメニューから消えた

IT

Microsoft Teamsの問い合わせは多いです。良く利用されているので喜ばしいことです。(前も言いましたね)。

今回は、Teams会議のメニューから「全画面表示」が消えてしまったというお問い合わせです。

お問い合わせ内容

利用者
利用者

Teams会議で全画面表示ができなくなったんだけど。
困るよ、醜くて。

我

確認いたします。

(またアップデートの影響かな、あれ? 私は大丈夫だぞ)

問い合わせの詳細

Teams会議には「…」から、「全画面表示」が選択できます。しかしそれが急に無くなってしまったというお問い合わせでした。

問い合わせいただいた方のメニューはというと、以下のような画面でした。
全画面表示がないどころか、メニューが全然違うようになっているではありませんか。

原因:Teamsの新たな設定がオンになっていた

新たな設定「新しい会議エクスペリエンスをオンする」

Teamsの新たな設定「新しい会議エクスペリエンスをオンする(新しい会議と通話は別のウィンドウで開く。Teamsの再起動が必要)」がオンになっていたことが原因でした。

この設定をオンにしていると、会議や通話を別ウィンドウで開くことができますが、代わりに全画面表示ができなくなるようです。

最近リリースされた機能のようですね↓

Microsoft Teams の新機能 | 2020 年 6 月 - Windows Blog for Japan
※ 本ブログは、米国時間 6/30 に公開された “What’s New in Microsoft

設定が勝手にオンになった原因は不明

利用者がこの設定をオンにしたわけではありませんでした。

実際には全利用者で勝手に設定がオンになっているわけではなく、勝手に設定がオンになったのは少数派です。不具合ではなく設定が原因であるため、問い合わせを受けたら設定を直してもらうこととしましょう。

利用者が誤って設定を触ってしまった可能性もゼロではなく、しかしそこは追及するところでもないので、真相は闇の中です。

まとめ

1.Teams会議の全画面表示がなくなった、という問い合わせがあれば設定メニューを疑いましょう。

2.Teamsは日々進化しているので、設定が増えていても驚かずに調べましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました