【積読の美学】Kindle Unlimitedで本を積みまくろう

まとめ

気になる本があればとりあえず手に取ることをお勧めします。
悩んでいるとその本を読む機会を損失してしましますので。

ただし、本を無尽蔵に買うとお金が厳しいです。
定額制のKindle Unlimitedならば、そのような悩みはありませんのでどんどん本をダウンロードできお勧めです。

Kindle Unlimitedとは

Amazonが提供している、定額制の電子書籍の読み放題サービスです。

・月額 980円で、一定の電子書籍が読み放題
・一度にダウンロードできる本は10冊まで

デジタル登録のサインアップ

Kindle Unlimitedをお勧めする理由

ビジネス系の書籍が豊富

一番の理由は、ビジネス系書籍など自己研鑽のための書籍が読み放題であることです。

電子書籍の読み放題サービスは他にもありますが、私が知る限りではKindel Unlimitedが一番種類が多いです。

目に優しいKindleが使える

電子書籍はスマホなどでも見ることができますが、比較的目にやさしいKindleで読めるという点です。

私が使っているのは、Kindle Paper Whiteです。
スマホのような軽快な操作性(拡大縮小などはもっさり)や色彩はありませんが、活字を読むという点においては非常に良いと思います。目にも優しくバッテリーも長持ちです。

価格もお手頃(1万円以内)で悪くないと思います。

Kindle Unlimitedで感じたデメリット

良いことばかり現実味がないので、私が感じたデメリットも書いておきます。

Kindleでは図解などが見づらい

「この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。」と表示される本は要注意です。

図解などが含まれていて、Kindleでは読みにくいことがあります。

いまだ読書数が少ない人向け

既に相当数の本を読んでいる人は、Kindle Unlimitedで読める本は既に読み終わっている可能性があります。その結果、読みたい本が見つからないということがあると思います。

私のように学習(読書)に目覚めた人は読みたい本に出合える可能性は高いですが、そうでなければ期待外れになる可能性も考えておきましょう。

Kindle Unlimitedで積読は、見た目もすっきり

本をとりあえず買ったけど読む時間がなくて置いている、いわゆる「積読」はよくあると思います。

現物の書籍だと場所をとったり、見た目的に美しくない(ある意味美しい)のですが、Kindle Unlimitedであれば電子書籍なのでスッキリと積読ができます。

Kindle Unlimitedでは、10冊までしか同時にダウンロードで来ません。
どんどんダウンロードして、どんどん本を読んで循環させましょう。

これだけ読めるのだから、月額 980円は十分安く感じますね。

一つの勉強に集中したい時など時期によっては読書が進まない時がありますが、月額利用料をペイするのが目的ではありません、割り切りましょう。

まとめ

1.手に取った本はとりあえず読む、それが本との出会いです。

2.読み放題のKindle Unlimitedならば、金額にためらうことなく本を手に取れるのでお勧めです。

3.10冊までしかダウンロードできないので、本を積むだけでなくどんどん読みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました