【実録】手軽なソフトでノーツメールをOutlook形式に変換

IT

ノーツからMicrosoft365へ乗り換える企業は多いと思います。私の勤める会社もそうです。

乗り換えの際にノーツで受信したメールを、Microsoft365(つまりOutlook)でも閲覧したいというニーズは一定数あると思います。そういった場合に、手軽にノーツメールをOutlook形式に変換できるソフトがあればよいですね。

しかし、調べてみると手軽な(お安い)ソフトってあまりないのです。
実際に手軽なソフトを調べて、使ってみた結果を紹介します。

ノーツメールをOutlookでも見られるようにするニーズとは

ノーツメールを長年使っていると、過去のノーツメールを少なからず保管しているはずです。

各年別にメールDBを完了分離して保管している人は多いと思います。いわば過去の遺産ですね。

なぜか消せない
 過去の遺産。

ファイルの拡張子は、.nsf なので、ノーツクライアントでないと開けません。

ノーツから完全に切り替えると二度とこれらメールは見ることができませんので、Outlookでも見られる形にして残しておきたいというニーズが生まれるわけです。

ノーツメールをOutlook形式変換サービス/ソフトの調査

結論から申しますと、ノーツメールからOutlook形式への変換サービスは多々ありますが、手軽に変換できるソフトは少ないです。

ノーツメールのOutlook変換サービスの一例(お値段高い)

Quest社のサービスTransend社のサービスなどが有名かと思います。
マイクロソフト社に確認したらこれらサービスを進められました。

変換対象のノーツメールDBの規模によりますが、数百万円~数千万円とお値段高めです。

会社として必要かどうかも判断できない、個人が保管しているノーツメールDBを変換するために、この金額を出すのは躊躇しますね。

ノーツメールのOutlook変換ソフトの一例(お値段安い)

以下のサイトでノーツメールをOutlookに変換するソフトがいくつか紹介されていました。

クラウドソースソフトウェアの推奨事項 - ProgSoft.net
ProgSoft.net を使用すると、既に知っているアプリの代替を推奨することで、Windows、Mac、Linux、iPhone、iPad、Android、Androidタブレット、Webアプリ、オンライン、Windowsタブレットなどのアプリとソフトウェアを見つけることができます。

ここで紹介されているソフトは、マイクロソフトからはお勧めされていないものです。

サードパーティベンダーのソフトばかりで信頼面では疑問が残りますが、手軽さ(お値段)はニーズにマッチしたものです。

変換ソフトを実際に試してみた結果

うむ。
 ゴミ多し。

いくつかのソフトは、トライアルができるので実際にダウンロードして試してみました。

使えそうなソフトを2つに絞り込み

結論から言うと、2つのソフトに絞り込めました。(2021年2月時点)

1.Shoviv Lotus Notes to Outlook Converter
2.Softaken NSF to PST Converter

他のソフトを振るい落とした理由を簡単に書いておきます。(ひどいものもありますね)

  • ソフトウェアダウンロードリンクが切れていた
  • サイトがそもそもなくなっていた
  • ダウンロードページを開こうとするとウイルスソフトが反応した
  • インストールしたが動かなかった
  • インストールして変換はできたが、変換したデータの性能が貧弱だった
    (ドラフト文書になる、リッチテキストが変換できない、宛先が消える、etc…)

変換ソフト(Softaken NSF to PST Converter)を選定

最終的に、Softaken NSF to PST Converterを1ライセンスだけ購入して試行することになりました。

変換性能的には圧倒的にShoviv Lotus Notes to Outlook Converterの方が勝っていました。
しかし、このソフトは毎回起動する際にパソコンのAdministrator権限が求められます。不審に思い開発元に問いあわせましたがそういう仕様との一点張りで調査してもらえませんでした。

Administrator権限を使って悪さをするソフトの可能性も0ではないため、見送りとなりました。

選定したソフトを購入して詳細検証

利用者に使ってもらうために、試行した結果をまとめておきます。

ノーツメールのOutlookへの変換手順は問題なし

特に迷うことなく作業はできます。
これくらいならば、一般利用者でも問題なく作業できるでしょう。

1.ソフトを起動する。

2.変換したいノーツメールのファイルを選ぶ

3.ノーツIDのパスワードを入力する

4.変換処理を行うための対象ビューを選ぶ

5.変換後の出力ファイルを指定して変換実行

注意が必要なのはノーツメールに添付されているウイルス

ひっそり
 隠れてたよ^^

過去に受信したノーツメールをOutlook形式に変換する際に注意が必要なのは、ノーツメールDB内に潜在するウイルスです。

過去にメールを受信した時点では、ウイルス対策ソフトで検知できなかったものが残っている可能性があります。

変換処理を行う際は、事前に「ウイルスソフトのパターンを最新にしておく」「変換不要なスパムメールを削除しておく」といった対策をした方が良いでしょう。

Outlook形式に変換したメールデータの再現性は妥協できるか迷うところ

Outlookメールとはフォーマットが異なりますから、ノーツメールを忠実に再現するのは難しいです。

ノーツリンクやセクションが消える、表や文字就職などが崩れる、といった変換結果でした。
この程度なら許容範囲だと思います。

ただ、1点解せない結果になりました。

それは、png形式の画像が変換できず文字コードになってしまう、というものです。
こんな感じにないります↓  

私は許容範囲内だと思いますが、人によっては「こんな変換結果じゃ使えねー。」と言われるかもしれませんね。

このpng画像の変換結果が賛否を分けたことで、一般利用者への公開はまだ検討中です。

個人のノーツメールをOutlookに変換してまで残す必要はあるか?

検証の過程で、私自身の個人のノーツメールをOutlookに変換して思ったことを書いておきます。

それは、「本当にノーツメールをOutlookに変換してまで残す必要あるの?」ということです。

以下は変換したメールの一例です。

新入社員当時の社員旅行の出し物のやり取りですね。
他にも飲み会のお誘いとか、なんか業務関係ないのが結構ありました。

≪過去に受信したノーツメール≫

≪変換後のOutlook形式メール≫

過去のメールを残すことは自己満足ではないか、一度考えてみても良いと思います。

業務で必要なメールは、別途保管するでしょうし、
訴訟などのためのメール証跡は別途システム側で保管している(会社による)と思います。

まとめ

1.個人が保存しているノーツメールをOutlook形式に変換できるサービス/ソフトを調査しました。

2.お手軽な(お安い)変換ソフトはあまりありません。

3.実際に変換ソフトを試してみましたが、変換性能はそこそこ。許容できるかできないかは人によると思います。

4.そもそも、個人が保存しているノーツメールをOutlook形式に変換してまで残しておく必要があるのか、今一度考えると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました